スノボーツアーでのマナー

ウィンターシーズンには、スノボーを楽しむためにバスツアーを利用してゲレンデまでアクセスする人が多いものです。

ただバスツアーは不特定多数の人が乗車しているので、周囲に迷惑をかけないようにある程度マナーを順守することが非常に大事です。例えば、携帯電話でぺちゃくちゃとお喋りする行為は厳禁といえます。トンネルに入ったりして通話状態が悪いと、知らず知らずのうちに大きな声で話すことになって周囲は不愉快に感じるからです。したがって、スノボーツアーの際はどうしても必要な時以外は、携帯での通話は避ける必要があります。

また、呼び出し音も意外と気になることが多いため、携帯電話はマナーモードにしておくことも大事です。その他にも、スノボーツアーでは長時間座席に座って疲れが出てくると、座席を倒して眠りたくなるものです。この時に気をつけなければいけないのは、必ず後ろに座っている人に「倒します」と一声かけることです。

席を傾けるくらいどうってことないだろうと思う人は多いですが、後ろの人にとって突然目の前の座席が動き出せば驚いてしまいます。また、何かを拾おうとして身体を前に倒していた場合、席にぶつかって痛い思いをするかもしれません。このようなことから、座席を倒す前には、必ず後ろの方にあらかじめちゃんと声をかけて確認を取ることが大事です。周囲の人間に配慮しながら行動することで、互いに気持ちよくツアーを楽しむことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *