小豆島旅行のおすすめ

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ人口2万5千人ほどの島ですが、気候は温暖で1年の平均気温は25度くらい、オリーブ畑が広がる風光明媚な島であり、また、新鮮な魚介類も楽しめる所で、見所は様々の一つです。

この島は、昭和初期を舞台にした、高峰秀子が演じる大石先生と先生を慕う12人の子供達との生活を描いた映画二十四の瞳の舞台となった所です。現在は二十四の瞳映画村として当時のロケに使用された場所が維持保存されていて、また、1948年の青い山脈から1960年代の石原裕次郎までたくさんの映画ポスターなどが展示されており、往時の映画黄金期を汁人にとっては懐かしい想いに浸ることができる場所です。

小豆島は江戸時代良質の塩が取れる所で、素麺や石材と共に経済を支えてきた面がありました。その塩が過剰生産となると、次は醤油づくりに転換した歴史があり、そのため、醤油醸造やつくだ煮製造工場が立ち並ぶ一角があって、伝統的な建物が美しい景観を生みだしています。その方面を散策がてら旅行のお土産につくだ煮等を買うのも良いです。

また、潮の満ち引きに関連したここならではの景色を楽しむことができます。潮が引いた時に道が現れてエンジョルロードと呼ばれているほか、寺社が好きな旅行者におすすめは、小豆島八十八ヶ所の札所巡りです。観光の一部に入れるなら全部で派なくても3~4箇所を訪れてゆっくりするのもよいですし、島は温暖少雨の気候を活かしたオリーブの栽培も盛んで、島内にはオリーブ畑も広がっているので、オリーブ園が直営のレストランでは美味を楽しむのも旅行の思い出になることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *