旅行に行くなら自然豊かな小豆島へ

小豆島は、瀬戸内海の播磨灘にある島です。

瀬戸内海では淡路島に次いで二番目に大きな島で、美しい自然に囲まれ温暖で雨が少ないのでリゾート地にもぴったりな場所です。自然豊かな小豆島への旅行は、5月~8月下旬をおすすめします。この時期の温度は26度前後で最高気温は31度前後で、夏としては本土と比べると比較的過ごしやすい気候です。また、5~6月は白くて小さく可憐なオリーブの花が咲き、7~8月はオリーブの実がなります。

もちろん、夏には海に囲まれた夏の小豆島で海遊びを楽しむことができます。小豆島の魅力的な場所はどこでしょうか。まず、天使の散歩道と呼ばれるエンジェルロードです。1日に2回、干潮時に海の中から砂の道が現れます。その道の真ん中に天使が舞い降り、大切な人と手を繋いて渡ると願いを叶えてくれるといわれており、恋人の聖地として人気の観光スポットです。また、日本の棚田100選に選ばれた、中山千枚田も美しい風景を楽しむことのできるおすすめスポットです。

里山の景色風景は、日頃のストレスから解放させ、心身を癒してくれるでしょう。小豆島への旅行に行く際の注意点としては、まずカメラが必須です。美しい自然がいっぱいのこの島は撮影スポットもたくさんあります。山歩きや海歩きすることも想定できるので、スニーカーとビーチサンダルを持っていくと旅行期間中、楽しく過ごせます。また、観光施設や商店は夕方早く締まるところが多いので、開店時間や閉店時間には注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *