長距離夜行バスで東京に行く場合の注意点

東京へ向かう夜行バスを利用する方の多くが、長距離移動であり、バスの中で一夜を過ごして翌日の早朝に目的地に着くのが一般的です。

そのバスの車内では最低限のルールやマナーを大切に利用する事が重要です。夜行バスの車内で最も気を付けたいアイテムがスマートフォンです。利用者は圧倒的に多く、電話やメール以外にもゲーム機器としてや音楽を聴くのに活用している方も多いでしょう。バス車内は消灯後、暗くなりますが、スマホのライトが周囲に迷惑を掛けてしまいます。どうしてもスマホを利用する用途がある場合は消灯までに捜査をしておきましょう。

各座席はカーテンで仕切られていると言っても、夜行バスは自分一人のプライベート空間ではない事を頭の中に入れておく事が大切です。また、飲食についてはバスの車内で禁止はされていませんが、匂いが強い物や紙袋をガサガサと開封する音は深夜に寝ている乗客を起こしてしまう場合があります。東京に向かうバスに乗る前に食事を済ませておくか、どうしても無理な場合には簡単に食べられる軽食にするなどの配慮を忘れないようにしましょう。

荷物をトランクに預けない場合、夜行バスでは自分の足元が荷物置き場となります。スペースが狭くなってしまうからと言って、通路に置いたりするのはマナーが悪くなってしまいます。荷物は座席の上の棚にも置くスペースがあるので、面倒だと思わずに棚の上に上げましょう。東京に向かうまでの間、マナーだけではなく貴重品を守るのも大切です。自分で管理をきちんと行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *