東京夜行バス夜間の寒さ対策にフード付きパーカーを

深夜の東京夜行バス乗車時は、誰もが睡眠の時間にあてることになりますが、移動中に車内が寒いとなかなか眠りにつくことはできません。

寒さ対策をするためにも東京夜行バスには、持ちこむと便利なアイテムがあります。車内は空調設備が完備をされているので、エアコンでの温度調整ができますが、温度の感じ方は人それぞれです。暖気や冷機の吹き出し口を、微調整して方向を変更することが出できるものの、バス内全体のエアコン温度を変更することはできません。よくありがちなのは顔や頭はあついのに、足元は冷えてしまい寒いというパターンです。

体感温度は全身が常に同じではなく、下半身と上半身で差があることはよくあります。寒いと感じた際にすぐに羽織ることができて、熱いと思ったら脱ぐことのできる、フード付きパーカーが役立つアイテムです。前がファスナーで開け閉めできる、フード付きパーカーを荷物に1枚プラスして、温度調整を快適するようにします。

フードが付いていたほうがいいのは、顔が寒い時に頭に被ることで、耳や頭も防寒ができるからです。寝顔が気になるという人であれば、東京夜行バス乗車時にはフード付きパーカーに加えて、マスクをすれば寝顔も上手にカバーができます。できるだけ温かく過ごしたいならば、裏生地もチェックをして、ボア素材のパーカーをあらかじめ選ぶことです。何枚も持ち込む必要はないため、1回だけ他の着替えに加えて持参をすることで、良い寒さ対策になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *