東京夜行バス乗車時の小腹を満たす食べ物選び

閉ざされた限りある空間の中に、たくさんの乗客が乗ってるのも東京夜行バスです。

夜の時間を音楽を耳にしながら過ごす人もあれば、睡眠の時間にする人もありますが、他の乗客への心配りは忘れることができません。特に東京夜行バスの消灯後の行動は、音をたてたりしないようにすること、飲食に関しては十分な配慮が必要です。眠りたくてもお腹がすいてしまい、なかなか寝付けないようであれば、注意をしながら何か食べるようにします。東京夜行バスの車内で食べたり飲んだりする時には、マナーも守ることです。お腹を満たすために食べる食品は、強いニオイがする種類は避けるようにします。

香辛料やニンニクのきいた食べ物は、思うより周囲には迷惑です。ハンバーガーや肉まんにシュウマイなども、意外と臭いが強いので控えます。走行中はバス内が大きく揺れることもあるので、こぼれるものは避けることです。もしもスープを口にしたいなら、缶タイプを選ぶようにします。缶入りのコーンスープなどは、自動販売機でも気軽に購入をすることが可能です。

周りは皆眠りに落ちていますので、音が大きく出てしまう食べ物はよくありません。お煎餅やスナック菓子など、咀嚼の際に大きな音が出るのは問題です。袋を開封するときに、うるさい音がする商品もよくはありません。手軽なゼリー飲料やキャンディー、ニオイも音もあまり気にならない、グミやおからクッキーにチョコレートなども、迷惑にならず小腹を満たしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *